読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

国語の論理的な解き方-コクゴノコウシキ-

現代文、古典共に論理的な解き方、また勉強法を紹介していきます。

1-5.選択肢を読むワンポイント(前回の続き)

今回は前回の続きとなりまして、選択肢を読む時に気をつけていきたいことについて書いていこうと思います。

 

気をつけておきたいことその1は「因果関係」です。

前回で説明した選択肢精査の方法では前後をわけて読むことになりましたが、この時に見落としがちなのが因果関係です。

前半の内容が正解で、後半の内容も間違ってない。

ってなった時に、でもその前半と後半に因果関係がなければ当然に答えにはならないのです。

気をつけたいワードは「~だが、」「~なので、」です!

 

その2は「設問に答えているか」です。

傍線部全体について聞かれていたら問題がないのですが、その中の一部を聞かれている時にそこだけを答えてないのであれば解答としては当然いただけないですよね。

「正しくないものを選ぶ」のと合わせてついつい忘れてしまいますが気をつけてください。

 

その3「選択肢を読む順番」

前後に分けて選択肢精査をしていくということでしたが、果たして前から読む必要はあるのであろうかということです。

これが出来る時というものはまず設問文を前後に分けることが可能な時です。

その時、前半の自信が3~5割で、後半の内容は自信満々というのであれば

前半からではなく、後半から選択肢精査をすべき

ということです。

 

その4「特徴的な言葉を探す」

ここの内容に関してはやや感覚的な話になりますので、よくわからなかったら読むだけ読んだ後、頭においてもらえたら十分かと思います。

簡単に例を説明とさせていただきます。

選択肢読んで貰った時に、嬉しいを表現するのでも「不思議と嬉しくなった」と表現していることがあります。

こういった時の「不思議と」というような表現に着目してもらうとここが選択肢の分かれ目となることは大いにありというようなことです。

 

 

最後の内容にまで目が行くようになった時、とても冷静に選択肢を捉えられているようになっていると思います。

日頃から選択肢をぼやっと捉えずに表現の1つ1つに拘ってみてくださいね!

というように以上が選択肢を読んでいく、問題を解くうえで気をつけるとミスがぐっと減るワンポイント(4つ)でした。

選択問題についてはここまでとなります。

次は記述についても少し触れさせていただきます。

 

次→1-6.現代文の記述について。

質問などはtwitterまたはメールでどうぞ

twitter国語の論理的な解き方 (@kokugo_kantan) | Twitter

メールでの質問などもお気軽にどうぞ→ohitashi24@gmail.com