国語の論理的な解き方-コクゴノコウシキ-

現代文、古典共に論理的な解き方、また勉強法を紹介していきます。

4-0.小論文・自己推薦文について

小論文・自己推薦文などについて今回からは書いていこうと思います。

今回はそれらを書く上での気持ちの持ち方について書きます。

 

勘違いしがちですが、覚えておいてほしいことは

「小論文で大それたことを書く必要はない」

ということです。

 

どういうことかといいますと、「現在の~についてどう思いますか。」

などという問題において、私たちがテスト中に考えられるようなことは既に考えられているのです。

つまり採点者が求めているのは斬新な未来をつくるような回答ではなく、あくまで日本語として読みやすく論理立てられたものなのである。

 

だから書く時には内容を無駄に複雑にしようとするのではなく、読みやすい日本語で丁寧な字で、日本語を間違えないということを念頭において欲しいのである。

 

次→

twitterもやってます。こちらもどうぞ→国語の論理的な解き方-コクゴノコウシキ- (@kokugo_kantan) 

質問や添削などはこちらにどうぞ→ohitashi24@gmail.com